ブログ

Blogs

G1ベンチャー「仮想通貨の課題と未来の可能性」

「G1ベンチャー2018」という会合が、2018年6月17日に開催されました。この会合は、グロービス大学院を中心とする、ベンチャー経営に関わる起業家などが集まるイベントで、定期的に開催されています。その中で、「仮想通貨の課題と未来の可能性」というパネルセッションが開催されました。

パネル参加者は、ビットバンク社長の廣末紀之氏、弁護士の増島雅和氏、それに私、岩下直行でした。モデレーターを務めてくださったのが福岡市長の高島宗一郎氏で、とても軽妙な司会で、堅苦しく難しい話となりがちなテーマを上手にリードしてくださったと思います。廣末氏も増島氏も私も、割と本音で話したので、面白いパネルセッションになりました。

当日の動画は、グロービス大学院から公開されています。

(動画)仮想通貨の未来図とは?~岩下直行×廣末紀之×増島雅和×髙島宗一郎

また、その模様を文章で書き起こしてくださった方がおられて、以下のサイトで前後編で公開されています。書き起こしをご担当くださった方には、どうもありがとうございました。

(前編)「仮想通貨」と名付けたのが誤解を生んだ最大の理由だった識者たちが語る、FinTechの過去と未来

(後編)クラウドファンディングとICOの決定的な違いとは?ビットバンク社長らが予測する、仮想通貨事業の未来

自分でも、後から読み返して、「ここはこう言ったほうが良かったかな」などと勉強になります。その後の環境変化で、議論の内容がちょっと古くなってしまった部分もありますが、なかなか有意義な議論だったと思うので、リンクを再度掲示しておきます。