ブログ

Blogs

日本のキャッシュレス決済はFelicaベースになるか

別にキャッシュレス決済はQRコードだけじゃない。既に日本で広く普及しているFelicaの読み取り機が使えれば、支払いも簡単で、スマホの操作に戸惑いがちな高齢者でも使いやすい。ぜひ、LINE Payさんにも頑張って対応してほしい。

ただし、じゃあQRじゃなくてFelicaになるのか、というと、なかなかそれが難しい。まず、お店側の対応だ。Felicaの読み取り機は導入費用が高いので、中国で流行ったように、紙に打ち出したQRコードを貼っておくのと比べてハードルが高い。全てがネット内で完結するQR決済に比べ、QUICPayのプリペイドカードとして利用するとなると、決済ネットワークの利用に一定のコストがかかるから、加盟店手数料まで含めた競争になったときの影響は無視できない。

そして、何よりもFelicaという仕様が日本のガラパゴスだということ。日本は電子マネーの普及が世界で一番進んでいる国だと思うけど、Felicaは日本以外ではほとんど使われていないのだ。これがどこに影響するかというと、iPhoneがなかなかお財布携帯に対応しなかったこと、現在のiPhoneやAppleWatchはFelicaに対応しているけど、それは日本向けの専用機であり、この特別対応を今後どれだけ続けてくれるかわからない、といった不透明性がある。

例えば、(本当は違法だと思うけど)米国製のAppleWatchを並行輸入して心電図アプリを入れている人がいれば、その人のAppleWatchにはFelicaチップが入っていないから、LINE PayでQUICPayを活用した非接触決済には対応できないことになる。Appleだって、全世界共通のハードウェアを製造したいと思うだろうから、こういう国ごとのカスタマイズは本当はやりたくないはずなのに。

ということで、Felicaでキャッシュレス決済が統一されてくれることが利用者には望ましいけれど、提供者側、製造者側の論理はなかなかそうとは限らない、という不透明性があるのだ。さて、日本のキャッシュレス決済はどこに向かうのだろうか。