ブログ

Blogs

全暗号資産のMarket Cap とBTC Dominanceの相関について

ビットコインは9100ドル台に低下し、全暗号資産のMarket Capは2600億ドルを切った。他方、BTC Dominance は64.4%に上昇している。この1か月間のMarket Cap とBTC Dominanceの推移(図表左)を見ると、見事に逆相関している。もっとも、こういう見かけ上の相関っぽいチャートは注意が必要だ。同じグラフを過去1年間に伸ばすと(図表右)、2019年前半は正相関のように見える。

種明かしをすると、2019年前半はアルトコインの相場が総じて横ばいで、ビットコインの相場上昇がMarket Capの上昇の主力だったから、BTC Dominance も上昇したのだ。逆に最近1か月はビットコインの相場が比較的安定しており、アルトコインが相場変動の主力となっていたから、逆相関に見えるのだ。

こうした局面の違いは色々な外部環境で変わってくるから、今後、両変数がどういう推移を辿るかは予見はできない。全体のMarket CapもDominance も1か月前に戻った感じだけれど、次の相場変動の主役はどれになり、その方向はどっち向きだろうか。