ブログ

Blogs

ビットコイン暴落

3月12日の午後7時頃から、ビットコインをはじめとする暗号資産が一斉に暴落した。午後9時時点でBTC/USDは6000ドル割れ、2時間で約20%の下落である。他の暗号資産の下落率も軒並み30%前後となっている。

暗号資産全体のMarket Capも大幅下落し、2月中旬には3000億ドルを超えていたのが、1680億ドルと半分近くに急落している。

今回の暴落はTetherの相場にも大きなショックを与えた。暴落と同時に他の暗号資産からTetherに一気に資金が流入するので、一瞬で7%の増価。直後に修正が入って-10%の減価。$1.07という数字も$0.97という数字もあまり見ない価格である。それでも、一波乱の後、$1.00に戻ったところからみて、とりあえずTetherへの信認は維持されているようだ。

念のためにビットコインのハッシュレートと難易度指数がどうなっているか見てみると、難易度が3月9日に久しぶりにかなり上がった一方、足元のハッシュレートはやや低下している。ハッシュレートは周期的な変動もあるから判断が難しいが、今回のBTC価格暴落がこれらの変数にどういう影響を与えるかを見極めていく必要があるだろう。

今後は、Tetherが信認を続けられるかとか、マイニングのハッシュレートが増加を続けるかとか、かつてのビットコインの冬に懸念されたことをチェックしていく必要がある。今年は5月に半減期があるから、BTC相場が低迷しているとマイニング業者は厳しそうだ。あるいは、その前に相場が粘り腰を見せるのだろうか。