ブログ

Blogs

  • ホーム
  • ブログ
  • 仮想通貨取引で顧客資産の保護とイノベーションのどちらを優先すべきか

仮想通貨取引で顧客資産の保護とイノベーションのどちらを優先すべきか

今朝の週刊ダイヤモンド・オンラインにこんな記事が載っていました。

仮想通貨の規制強める金融庁、「低レベル業者」は相手にせず(2018.11.7、週刊ダイヤモンド編集部 ) 

記事中、「経営層から経理、コンプライアンス、システムエンジニア、カスタマーサポートやセキュリティーに至るまで多岐にわたる担当者が必要」であると嘆く声が書かれていますが、逆にそれらのタスクに対応できていない場合、ちゃんとした業務遂行ができるのか、という疑問があります。大きなリスクを抱え、顧客の財産を預かることになる業者なのですから、十分な体制ができていないなら開業すべきでない、ということは、過去の経験から当然理解されていることだと思います。

本件について、「規制がイノベーションの芽を摘む」という批判の声があるのは承知していますが、顧客の資産が失われてもかまわないから、イノベーションを優先すべきだ、ということではないはずです。業界内でしっかりやっていける体質があるかどうかを入り口段階でチェックするのは、当然のことだと思います。