ブログ

Blogs

Tetherの取引履歴解析と95%fake論

今週のdiarはChainalysisによるTetherの取引履歴解析から見たBitcoin取引の実態についての分析です。いつもながら面白いです。

ただ、この記事が躍起になって否定している「暗号資産の取引金額の95%がfakeだった」という ビットワイズ・アセットマネジメント社のSECへの報告は、そもそも何と何とを比較しているのかが明確ではなかったように思います。

BTC ⇔ Tetherの国際的なOn-chain取引が TetherのBlockchainに記録されているからといって、それが「真の」取引であるかどうかは、実は分かりません。取引する双方が合意の上で、本来不要な記録をBlockchainに残している可能性もあります。95%fake論を擁護する気もありませんが、暗号資産の取引の実態が解明されたとは全く言えないと思います。