ブログ

Blogs

暗号資産相場の10月7日の上昇について

暗号資産市場は10月7日の夕方辺りをボトムに上昇に転じています。BTC/USDは12時間で7900から8300に5%上昇。他のコインも似たような動きをしています。

流通総額上位の暗号資産の動向(右端のグラフは1週間の相場推移)
BTC/USDの1週間の推移
BTC/USDの1か月の推移

いつも気になるTetherは、この間特に目立った増発も償還もしていないようです。他のコインの相場上昇中にTether相場がやや大きく動いたのは、各コインに一斉に買いが入り、投資家のポートフォリオが変わったため、一時的にTetherの需給が緩み、その相場が1ドルを下回ったところで裁定が働いて相場が戻したのだと考えられます。

Tether相場 (1週間)

BTC/USDが8000ドルを下回るとこうした動きが発生するようですが、自然発生的な市場参加者の相場観によるものなのか、なにがしかの意思が介在して大口の投資家(いわゆるクジラ)を動かしているのか、その辺はどちらとも言えないですね。

coinlibのマネーフロー図

なお、LEOは落ちっぱなしですが、これはICO(IEO)トークンの宿命で後は下がっていくんでしょうか。そこも注目ですね。

LEO相場(1週間)