ブログ

Blogs

ビットコインのハッシュレートの低下

ビットコインのハッシュレートが足元で下がって来ている。定番のwww.blockchain.com だと更新が遅いためかちょっと分かりにくいけれど、www.coinwarz.com を見ると、足元のハッシュレートは132EH/sから95EH/sに下がった。周期的な変動もあるだろうが、やはり実質的な変化が起きていると考えるべきだろう。

www.blockchain.com のハッシュレート

www.coinwarz.com のハッシュレート

最近、採掘難易度が上昇し、ビットコインの相場も下落したから、採掘業者の採算は悪化したはずだ。しかし、過去においては、そういう現象があってもすぐにハッシュレートが下がることはなかった。そもそも採掘用のマイニング装置はビットコインおよびその派生コインの採掘にしか使えないから、多少の採算悪化があっても採掘事業の活動指数ともいえるハッシュレートに短期的な影響はなかった。2018年の相場下落時にも、採掘業者の活動が低下したのは11月になってからだった。

興味深いのは、前回ハッシュレートが落ちた時も、今回も、BTC/USDが5000ドルを切って暴落しているタイミングだということだ。採掘難易度やマイニング装置の電力効率など、色々な変数があるから簡単には言えないが、この辺が採掘事業の損益分岐点なのかもしれない。

今年の5月には半減期を迎えるので、ビットコインの採掘報酬は半減し、6.25 BTCになる。採掘業者のビジネスディシジョンも難しいことだろう。これから、ハッシュレートがどういう推移をたどるか、注目していくことにしよう。